昨日の追記になりますが、
    「高麗茶碗」の中でも、珍重されていた「井戸茶碗」。

    昨年4月放送の「開運!なんでも鑑定団」では、大井戸茶碗が2000万円の評価額がつきました。

    依頼者は、両親が暮らしている家を売却するにあたり、荷物の整理をしていたら、押し入れの奥で新聞紙にくるまれた真っ黒なお宝を発見。
    本人はまったく見覚えなかったが、裏千家の茶道教授だった大叔母が両親にくれたものだと思い、毎日ぬるま湯に浸して丁寧に洗っていたところ、30日後、とても綺麗になったのでびっくりしたと言う。
    調べてみると、本に載っていた名品にそっくりだったので、ひょっとしたら凄いものかもしれないと思い鑑定へ。

    結果は見事、「大井戸茶碗」に間違いないとのこと。
    しかも、本人の評価額100万円を大きく上回る鑑定評価額2000万円という逸品。

    まさに、丁寧に洗ったところなど、現代版「井戸の茶碗」といったところでしょうか。

     
     
    テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」へのリンクです。
    http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20160405/03.html

    その他】の最新記事
    • 太刀「無銘一文字(山鳥毛)」
      2017年4月8日
    • 天保通宝
      2017年3月27日
    • 国宝「陽明門」が一般公開
      2017年3月13日
    • 諳厄利亜語林大成
      2017年3月11日
    • 江戸の文化
      2017年3月4日
    • 世界の美術品市場・中国がトップに
      2017年3月3日
    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
    イベント
    宝石
    2016年11月16日
    宝石
    店舗紹介
    宝石
    陶磁器
    宝石
    2016年11月28日
    イベント