北大路魯山人は、 大正から昭和にかけて美食家、そして、陶芸家として活躍しました。
    魯山人が作成した陶器は、20~30万点とも言われ、多くの陶芸作品を残しています。
    現在でも、とても人気が高い北大路魯山人

    いくつか代表的な作品を見てみましょう。

    exhibition_archive_1003_03
    紅志野ジョッキ

    rh1-32
    織部籠形花入