金重陶陽とは岡山県出身の陶芸家で、陶芸家として初めて人間国宝にもなった人物です。
    北大路魯山人とも関わりがあり、お互いに影響を受けたともいわれています。
    彼の作風で「桃山風備前」というものがあります。
    土自体がもつ良さを大切にした作品は、彼の死後何年も経ついまも価値は衰えません。
     
     
    si28