59.60カラット(11.92グラム)の世界最大級とされるピンクダイヤモンド「ピンクスター」が4日、香港のオークションにかけられ、宝石としては過去最高額の5億5300万香港ドル(日本円で約78億7700万円)で落札されました。

    落札したのは、香港でも老舗の宝飾品業者で、香港証券取引所のメインボードに上場の周大福珠宝です。
    周大福珠宝へのリンク

     
    この「ピンクスター」は、南部アフリカに位置し、多数のダイヤモンド鉱床があるボツワナ共和国で1999年に掘り出され、2年以上をかけてカットされたダイヤモンドで、2013年にジュネーブのオークションで約8300万米ドルで落札されましたが、代金が支払えず、競売商サザビーズに戻っていたそうです。

    ちなみに、宣伝効果と判断されたのかどうかは分かりませんが、周大福珠宝の株価はニュース発表があってから上昇していました。