3月18日(土)に、大和駅前(神奈川県大和市)の東西プロムナードで開催されていた「やまとプロムナード古民具骨董市」を覗いてきました。
     
     
    私が「やまとプロムナード古民具骨董市」の特徴を一言でいうのならば、「品物がよく売れる骨董市」ということでしょう。

    もちろん、実際に集計をした訳ではないので、あくまでも個人の主観ですが…

    ここの骨董市は朝6時からオープンしており、お店の方に聞くと「午前中には結構ものが売れてしまったよ」という声を耳にしますし、実際に13時くらいになると、片づけ始める店舗も多くなります。
     
     
    また、買い物している方に中には、外国人も多くいて、中にはたまたま通りすがった人もいるとは思いますが、大半はここの骨董市を目当てに来場している方ばかりだと思います。


    ※ビニール袋が「やまとプロムナード古民具骨董市」の袋で、外国の方も袋をたくさん持たれていました。

     
    ちなみに、に行かれる際は、朝6時のオープンとは言いませんが、8時までには行くことをお勧めします。

     
     
    「やまとプロムナード古民具骨董市」の詳しいページはこちらをご覧ください。