鉄瓶の価値を考える場合、製造元、素材、作家などが重要な要素となります。

    製造元としては、龍文堂、亀文堂などが歴史があり有名です。

    龍文堂 龍文堂(りゅうぶんどう)は江戸末期から昭和33年頃まで8代続いた京都の鉄瓶屋です。
    明治から大正に掛けて高級な鉄瓶を製作しました。
    亀文堂 亀文堂は幕末の頃に初代の波多野正平が近江で工房を開いきました。
    当時は、鉄瓶を多く作っていた。
    しかしながら、昭和に入って四代目で途絶えてしまう。

    こちら以外にも、鉄瓶を作る有名な製造元は、たくさんございます。

    • 龍文堂
    • 亀文堂
    • 金寿堂
    • 尚美堂
    • 竹影堂
    • 松栄堂
    • 金賞堂
    • 天賞堂
    • 金美堂
    • 金晴堂
    • 金匠堂
    • 銀川堂
    • 生秀堂
    • 呉杉堂
    • 雲色堂
    • 青龍堂
    • 祥雲堂
    • 光玉堂
    • 金美堂
    • 純古堂
    • 煌々堂
    • 金龍堂
    • 泰山堂
    • 三龍堂
    • 純幸堂
    • 精金堂
    • 天賞堂
    • 皆川堂
    • 秀峰堂

    また、鉄瓶の有名な作家さんとして、下記があげられます。

    • 秦蔵六
    • 中川浄益
    • 木村清雲
    • 石黒光南
    • 西垣一瑳
    • 山崎光隆
    • 一望斎

    また、鉄瓶の素材なども大切な要素です。

    • 銅製
    • 鉄製
    • 銀製
    • 金製
    • 砂鉄製
    • 小判製

    これらの要素を見極めて鉄瓶の値段を算定していきます。